銀行カードローンはすぐに使える?

少額の借り入れや、万が一の際の用足しなど、利用の幅が広いことから利用者が急増している銀行カードローンのメリットの一つとして「早期に利用できる」と言う点が挙げられます。

 

審査も早い場合であれば即日で行われ、その結果もすぐに通知してもらえるため、急いで現金が必要となる場合においては心強い味方となってくれるでしょう。

 

しかし、全てにおいて即日で使用できるようになると言うわけではなく、銀行によっては使用可能期間にも違い出る場合もあります。

 

銀行カードローンは利用のためには専用のキャッシュカードが必要であり、申し込み時点でその銀行の口座を持っていないと言う場合は、新たにキャッシュカードを作る必要があります。そのため、カードが発行されるまでの間は借り入れを行うことが出来ない場合が一般的です。

 

キャッシュカードが発行されるまでの期間は通常のキャッシュカードと同様、1週間前後である場合が多いようです。ただし、既に口座を所有しており、その銀行のカードローンを使用すると言う場合であれば、審査通過後即日で利用できる事もあります。

 

また、銀行、もしくは銀行系カードローンによっては、初回の利用においては他銀行の口座に振込みをしてもらい、即日で使うことが出来ると言うサービスを持っているところもあります。

 

この場合は最短で1日から3日程度で初回の借り入れを行い、1週間程度で正式にカードが届いてから、従来の使用法に切り替えると言う形に出来ます。

服を買うお金がなくて借りる人もいるみたいですよ。※引用:服を買うお金がない

【銀行カードローンの金利】

少額の借り入れがしやすい、月々の返済額が安価に収まるローンの一つとして利用者の多い銀行カードローンですが、やはりローンである以上金利が発生するものです。

 

各銀行によって金利の設定に違いがあり、一定期間内の全額返済であれば金利手数料0円と言ったところも増えてきましたが、やはり用途目的が限られておらず、少額の借り入れと言う性質上、その金利は通常のローンに比べると高めに設定されている場合が多いようです。

 

銀行カードローンの金利は融資上限枠で決定されており、100万円未満の場合は所得証明や収入証明に関する書類が基本不必要となるため審査も通りやすいと言う特徴がありますが、その分金利は最も高くなります、平均してみても15%を超える場合が多いため、決して安価な金利とは言えないかもしれません。

 

逆に100万円以上となると、審査のための必要書類が多くなりますが、上限額が高くなるほど金利は安価になっていきます。

 

全体的に金利は高めに設定されていますが、月額の返済額が安価に収まること、年利制であり、早期返済であれば決して高額にならないことなどを考えると、金利が高すぎて使えないと言うことはまずありません。

 

また、少額の借り入れであれば、その分金利を加えても返済額は決して高額ではないため、計画的な利用であればほとんど問題はないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です